多くのお店で活躍している呼び出しベルの導入がおすすめ

呼び出しベルは多くの場面で活用されています

居酒屋の店員

呼び出しベルというとどんなものを思い浮かべますか。呼び出しベルは単純に音を鳴らすベル型のものから送信機と受信機がワイヤレスで呼び出し可能なものまで多くの種類があります。様々なシーンで利用できるのも大きな特徴で現場に合わせたコールシステムを構築しておく事で業務を効率化する事が出来ます。例えば飲食店などコールシステムを利用した事がある方は多くいらっしゃるでしょう。店員さんに声を掛けるのが難しい時にとても助かるコールシステムです。飲食店でもフードコートのような多く場所にあったコールシステムもあります。また工場などの大きな音が発生する場所に最適なコールシステムもあります。また電池を使わないエコでもある呼び出しベルもあります。いざという時にも安心な呼び出しベルもあります。コールシステムを構築したい場合にはどのような場所でコールシステムを構築したいかによって選択する呼び出しベルが変わってきます。コールシステムを構築したい、どんな呼び出しベルがあるのか知りたいという時は呼び出しベル専門会社に相談してみましょう。様々なシーンで活躍する呼び出しベルを絞り込めます。導入後のアフターフォローや万が一の場合の修理なども可能です。

業務用の呼び出しベルの価格と魅力

企業のオフィスから飲食店、ホテル、病院まで幅広い業界で使われているのが呼び出しベルです。特に受付カウンターによく置かれていることが多く、その価格は安いものだと千円程度の価格で販売されています。特に安いのが卓上ベルと呼ばれるタイプの呼び出しベルで、ベルの上部を手のひらで押すとチーンという音がなって、スタッフにお客さんが来たことを気づかせてくれます。電池なども不要で音がなる商品も多く、電池切れによる心配もなくずっと使えるのが人気の秘訣となっています。

そして、呼び出しベルの種類として、電子コールシステムがあります。業務用のコールシステムでは、呼び出し方法の種類がいくつか選べる商品も多いです。通常の卓上ベルは音で来訪者を知らせますが、その他に振動やLEDが点滅することで来訪者があったことを知らせてくれる商品もあります。音がなるとまずという場合には、振動やLEDでお知らせをしてくれる電子コールシステムが役立つでしょう。価格は卓上ベルに比べると高くなっていますが、無線で利用できたりと色々な利点が備わっています。価格は一万円から数万円以上する高級なコールシステムが販売されているので、ケースバイケースで業務用の呼び出しベルを活用してみましょう。

呼び出しベルの種類と使うメリット

呼び鈴とも呼ばれる呼び出しベルは、ホテルや飲食店などでよく使われることの多い商品です。使い方は主にホテルや飲食店ならカウンターなどに設置され、来訪者がその呼び出しベルを押すことでスタッフがお客さんが来たことに気が付けます。それほど頻繁にお客さんが来ない飲食店では、ずっとカウンターにいることは時間の無駄になることもあり、お客さんが来たときだけカウンターに出向いて接客をしたいという場合も多いですが、そんな時に呼び出しベルはとても役立ちます。また、呼び出しベルは一般の住宅でも使われることがあり、玄関先に設置して、来訪者がボタンを押して家主に気付いてもらうシステムとなっています。一般の住宅に設置されるものはドアチャイムとも呼ばれます。

ちなみに、呼び出しベルは機械式と電子式の2つがあります。機械式は鉄板を機械が叩くことで音を出す仕組みなのに対し、電子式は電池を使い電気の力で電子音を出す仕組みとなっています。電子式の呼び出しベルは、コンビニエンスストアなどに設置され、来客が来たことを店員に知らせてくれます。どちらにもメリットがありますので、コールシステムを設置する予定の方はよく検討して利用しましょう。

Recommended Post

バーコードをスキャンする

呼び出しベルを設置してお客さんが来たことを知ろう

お店のカウンターで常時接客ができれば良いですが、お店が忙しかったり人手が足りなかったり、業務を効率化したい時にどうしてもそれができない…

MORE